いえっさの相棒に見守られてる感が半端ないヘッダー画像

 

表紙素材はちょっとお休み3回め

ということで、Twitterヘッダー画像です。

次回から、電子書籍関係(主に表紙素材)に戻りますね。

 

今週の素材

いえっさというのはあの方、そして見守ってくださってる方というのは、いえっさの相棒のあの方です。

いえっさの相棒に見守られてる感が半端ないヘッダー画像 サンプル by くつきちよこ 創作支援用素材屋『イチパン!』

 画像クリックでzipダウンロードが始まります。

Tumblrでリブログしてやってもいいよという方はこちらから⇒ Share on Tumblr

 

Twitterヘッダー画像の変更方法

画像クリックで「twitterヘッダー画像及びアイコンの変更方法New♪に」リンクします。

姉妹サイト『イチパン!日々一素材パントリー』Twitterヘッダー画像変更方法へ

 

ワットポーと涅槃仏

仏様が横になっている姿を涅槃仏と呼ぶそう。

涅槃仏(ねはんぶつ)とは、釈迦入滅する様子を仏像としてあらわしたもの。寝仏[1]寝釈迦像涅槃像[2]とも呼ばれ、主にタイの寺院などで見ることが出来、足の裏には宇宙観を示す文様などが描かれている。なお、釈迦入滅の様子を絵画的に描いたものを涅槃図(ねはんず、仏涅槃図)と呼ぶ。

Wikipedia 涅槃仏

足の裏に宇宙!スケールが違います。 横になってばっかりいるからぽむぽむ地蔵なわけではないのですね。

ちなみに、今回の涅槃仏はこちらワットポーのGoogle Mapsインドアビューでも閲覧できます。

※もちろん、配布素材は自前(叔父の旅行写真)です。一応念のため。

 

最近気になったこと

このブログですといきなりな感じになっていまいますが、いまTPP知財条項、特に非親告罪化がちょっとまずい状況です。

日本の著作権は現状「親告罪」、つまり著作権を侵害された側が侵害した方を訴えなければ実際の罪には問えない制度で、成り立っています。

例えば、Aの描いている漫画の二次創作同人誌を販売しているBは、Aに訴えられない限り、実際に著作権侵害の罪には問われません。

目に余るものがあればいつでも訴える権限を持ちながらの著作者の「黙認」があればこそ、二次創作文化が育まれてきました。

TPPにより非親告罪化が日本もたらされると、この「黙認」が無効化されてしまいます。

第三者が「BはAの作品の著作権侵害をしている」という通報をすれば、Aが望んでいない場合でもBが逮捕される可能性が出てくるというわけです。

詳細 ⇒ TPP非親告罪化の動向が気になる創作クラスタがフォローしておくべきTWアカウント5選 ※姉妹サイト

 

TPP知財条項の緊急声明へ賛意を示したい、団体、個人の方はこちらのリンクより

配布予定

最近、小説(もしくは文字メインのい)電子書籍発行においてのビジュアルの重要性を考えるツイートを多く見かけます。

問題は中身!

もちろんそれは間違いではないのですが、その中身を読者に読んでもらうまでにかかるパワーは並大抵ではありません。

本を目にするシチュエイションも、書店とは違いサムネイル画像が基本です。

となると、原寸サイズのバランスはもとより、小さなサイズでもパッと目を引く表紙が必要なのかなと。

というわけでこのブログでも、文字メインの方のインパクトのある表紙づくりのお手伝いが出来るよう、素材(配布、紹介)、フォントのご紹介、その他頑張ってまいります。

ではでは、次回は3月27日配布、内容は電子書籍表紙フリー素材です。

これまでのガーリーな素材は、『イチパン!日々一素材パントリー』にて配布を継続いたします(新規素材のみ今後 創作素材屋『イチパン!』にて配布する予定です)

にほんブログ村 デザインブログ Webデザイン素材へにほんブログ村

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL